宗教論2017-06-20

祈る対象として位牌を置いてるけど云々。

神に祈るのではない。先祖祭祀としての仏壇。

神祇不拝

御師:神社に所属して御札を配る人たち。受け持ちの地域を回って御札を置いて帰る。仏壇の真正面に神棚を置くことは少ない。

神仏習合で神と仏を接着していたのは何か。

シャーマニズムが接着剤として両者の間に入っていたと言われている。

 

ちなみに自分に霊を降ろす場合と自分を霊界に飛ばす2つのやり方があるよ。

古代ギリシャだと腹話術と託宣が結びついていたらしいぞ!(厳かな雰囲気の中で裏声)魏志倭人伝には卑弥呼の話載ってるけど、「鬼道をなす」と書かれている。これもシャーマニズムだと言われているぞ。

イスラムにもジーニー信仰、占いや託宣、予言があるので若干シャーマニズム的。キリスト教の預言者もシャーマン的存在だと言えよう…。

ナート崇拝?チベット仏教において、精霊に取り憑かれた人間?ナートに取り憑かれると破戒的な行動も許される…?(似た霊としてユタ、ノロ?沖縄のシャーマン。そういうものが存在するのだ、と共通認識があれば社会的に異常とされる行動も受け止められる。容認される。そういった土壌なしにシャーマニズムは機能しない)

 

修験道:修験者・山伏は山林で法力・験力で持って儀式をする→寄祈祷・寄加持